キッチンリフォーム トップ


キッチンリフォーム

使いづらいキッチンでの生活は、もはや人生を無駄にしてると言っていいくらい日々の幸福度が違います!調理から洗いもの、片付けまで快適なキッチンは、そこに料理人の宇宙が創造されます。


キッチンリフォーム システムキッチン

システムキッチンリフォーム

ユトレヒトのキッチン交換工事は、システムキッチンをメインに扱っております。

システムキッチンとは、キッチンに必要な、キャビネット、水栓、天板、シンク、コンロ、レンジフード、吊戸棚が一体となった工場生産のキッチンのことです。

システムキッチンは多数のメーカーが、多数のシリーズを出しています。それぞれのメーカー、シリーズよって機能やデザインが少しづつ異なり、また価格も微妙に違います。

弊社では国内全メーカー対応しております。

お客様の予算と好みに合わせてお選び下さい。

 


一般にキッチンリフォームを考え始めてから、工事が完了するまでの流れは以下となります。

システムキッチンを作っているメーカーは多数あります。まずはどのメーカーのキッチンがいいかを選ぶため、いくつかのお近くのメーカーショールームに行きましょう。その時に既存のキッチンのサイズや写真などを撮って持って行くと1度で済むのでスムーズに進みます。

ただし、システムキッチンは車などとは違い、メーカーショールームでは直接購入や工事ができません。

家電などもメーカーから直接は買えませんよね?それと扱いが同じで、当社のような販売店(リフォーム店)から購入や工事をすることになります。

メーカーショールームに行ったら、コーディネーターにキッチンのシリーズやオプション、色などを伝え、メーカーの定価見積を作成してもらいましょう。

ただし、この見積は実際の支払う金額ではありませんので注意が必要です。

この金額はあくまで商品の定価見積です。つまり値引きが一切されていない上に工事費が部分的にしか含まれておりません。システムキッチンはメーカーやシリーズ、オプション、販売店によりかなり値引き率や工事費が違います。ですのでここでの見積書はあくまで、販売店に持ち込む資料としてのみ必用となります。

メーカーの定価見積が出来たら、次に実際にシステムキッチンの販売、施工を依頼する当社のようなリフォーム店を探します。メーカー見積書をリフォーム店に見せ、自宅に来てもらい、実際にかかる本当の見積を依頼します。

 

ここまでが契約前の作業になります。上記3項目の順番は必ずしもこの通りにはならず、リフォーム店で見積をとってからショールームに見に行って、多少変更をする、という方が多いように思います。もしくは一度もショールームには行かず、カタログのみで全てを決める方も多くいます。

リフォーム店が作成する見積書に納得がいけば、そこで契約します。

契約後はリフォーム店の説明通りに進んで行きます。

工事日を決め、それまでに部屋を片付けたり、施工当日は自家用車を移動したりする指示があります。

施工期間はケースによりますが2日~4日程度が一般的です。

キッチン工事の工程

一般にキッチン工事は次の順序で行われます。

①1日目.まず周囲にキズを付けないように養生を行います。

②1日目.既存キッチンを解体します。解体したキッチンは後日トラックで引き取りに行きます。

③1日目.水道配管工事とガス配管工事を行います。

④1日目.or 2日目.キッチンパネルを貼ります。

⑤2日目.キッチンを組立ます。水道配管を接続し、ガスも接続します。

⑥2日目.清掃して工事完了です。

通常工期は2日間ですが、キッチン工事のついでに床工事や壁紙工事を行う場合は工期が伸びます。
キッチンリフォーム 工程
クリックして拡大表示
キッチンリフォーム 工程
クリックで拡大表示

工事が終了したら、完工となります。

以上がキッチンリフォームの大まかな流れとなります。


数あるキッチンメーカー、そしてその中でのグレード、さらにオプションとなると、どのように選んでいいのか。そこで以下ではその参考になるようにポイントを絞ってご説明させて頂きます。

まずはメーカーですが、結論から言うと各社の大きな差は近年ではほとんどありませんそれぞれのメーカーがしのぎを削り、有用な機能はほぼ各社対応しています。

しかし微妙に他社で対応していない機能もあるので、レアな機能を欲する場合は一通りショールームを回ってみるのも良いと思います。

次にグレードですが、各社ほぼ共通して3つないし4つぐらいのグレードを持っています。

メーカーの定価とその商品の値引き率も踏まえてグレードのイメージを出すと、このようになります。

最低グレード:アパート用キッチン キッチン価格帯20万円~程度 キッチン例:コルティ

通常グレード:一般住宅用キッチン キッチン価格帯40万円程度 キッチン例:ラクエラ

高級グレード:高級住宅用キッチン キッチン価格帯80万円程度 キッチン例:ステディア

最上グレード:セレブ用キッチン  キッチン価格帯150万円程度 キッチン例:セントロ

※キッチン例のメーカーはクリナップ

一般住宅では通常グレードが圧倒的に多く、ごくまれに高級グレードのご注文があります。高級グレードは10軒に1軒程度あるかないかです。最上グレードはリフォームではほぼ無く、料理好きでキッチンに強いこだわりをお持ちの方が頼まれます。当社のおすすめは通常グレードです。

結局一番大事なことはオプションを選ぶことだと思っていますどのメーカーでも様々なオプションが選べます。前述した一部のレアな機能を除けば結局オプションをどこまで自分好みに選ぶことが出来るかでキッチンにたいする満足度が大きく変わってくると考えています。

以下主要オプションをご紹介します。

扉の面材

キッチンのデザインを大きく決める扉の柄が選べます。色、素材、光沢もそれぞれ選べ、価格も大きく変わってきます。

収納の配列・段数・ポケット等

ワークトップ下のキャビネット(収納)の配列・段数を選ぶことにより収納の数を増やしたり減らしらりが可能です。またシンクの位置もキャビネットの配列によって変えることが可能です。他にも引き出しの中にまた小さな引き出しが付いたり、包丁置きやラップ置きなど様々な機能があります。

ワークトップの素材

ワークトップの色はもちろん、ステンレス、人造大理石、ガラス質など様々なオプションが可能です。グレードによっては選べない素材もあります。

水栓金具

通常の水栓に加え、シャワー水栓、浄水器一体型水栓、節水水栓、単独浄水栓、タッチレス水栓など様々な水栓があります。

加熱機器(ガスコンロ、IHクッキングヒーター)

ガスコンロでは一般的にガラストップコンロかホーロートップコンロを選ぶが多いです。また魚焼き器が自動で優秀な機能付きのものもあります。

IHクッキングヒーターはオールステンレス可能のものが近年はオプションで良く選ばれるようになりました。また魚焼き器内がテフロン加工になっているものも人気があります。

レンジフード

見栄えと掃除のしやすさでいくつかのオプションに分かれています。近年は清流板のつく平型スリムのレンジフードが一般的になってきています。

シンク

サイズや素材、静音機能や流水機能などが選べます。人造大理石シンクもあります。

食器洗浄機

食器洗浄機有り無しはもちろん、容量や除菌タイプなどもお選び頂けます。

キッチンパネル

キッチン正面や両サイドの水かかり部分の壁を耐水性パネル(キッチンパネル)で施工することが近年は一般的です。デザインも選べますが、マグネットがくっ付くタイプのものも人気です。

食器棚・カップボード

各メーカーがキッチンと同じ面材の食器棚や家電収納などのカップボードを出しています。デザインをそろえるために一緒に購入する方も多いです。

以上ですが、この他にも様々なオプションがあります。いろんなオプションを自分なりに選ぶ楽しさがキッチンにはあります。上記を参考に各社ショールームに足を運んで頂ければと思います。


キッチンリフォームの代金は基本的に以下の合計で決まります。

キッチンの商品代

キッチンの商品代は以下の式で決まります。

メーカーの見積金額 × リフォーム店の値引き率(問屋の値引き率にリフォーム店の利益が上乗せ)

この値引き率はリフォーム店によって多少違いますが、前述したキッチンのグレードによっても違います。グレードによる違いは以下となります。

最低グレード:アパート用キッチン 値引き率 50%値引き程度 20万円~30万円程度

通常グレード:一般住宅用キッチン 値引き率 50%値引き程度 30万円~50万円程度

高級グレード:高級住宅用キッチン 値引き率 20%値引き程度 50万円~100万円程度

最上グレード:セレブ用キッチン  値引き率 20%値引き程度 100万円~キリなし程度

このように、通常グレード以下と高級グレード以上は仮に定価に差がなくとも値引き率が大きく違います。そして実際、通常グレードと高級グレードに大きな定価の違いはありません。この理由はわかりませんがもしかしたらメーカーが、定価が大きくかわらないなら高級な方がいい、と思って最終的な料金を比べもせず高級グレードを選ぶお客様を狙っているのかもしれません。

ですので、必ず最終的な料金の比較を行ってからどのグレードにするかをお選びください。

施工費

施工費はキッチンのグレードやキッチンの位置の移動があるかどうかで違いますが、弊社の場合はおおむね以下の通りです。

最低グレード:アパート用キッチン 10万円~15万円程度

通常グレード:一般住宅用キッチン 15万円~20万円程度

高級グレード:高級住宅用キッチン 20万円~30万円程度

最上グレード:セレブ用キッチン  30万円~程度

既存キッチンの処分費/諸経費等

これは既存キッチンの処分費が5万円程度、あとは搬入なのでどのくらい手間がかかるかなどの、諸経費となります。マンションなどでは搬出入が手間であったり、養生費がかかったりする場合で金額が異なります。

最低グレード:アパート用キッチン 40万円~55万円程度

通常グレード:一般住宅用キッチン 55万円~80万円程度

高級グレード:高級住宅用キッチン 80万円~140万円程度

最上グレード:セレブ用キッチン  140万円程度~キリなし

もちろんこれより安くなる場合もあれば高くなる場合もあります。キッチンの交換以外の工事があれば、同時に複数の工事を行うことで諸経費を抑えられることもあります。

ですが概ねこのあたりの金額になるということを頭に入れておいて頂くといいかと思います。


現地調査による見積もりは無料ですのでお気軽にお問合せください。「ホームページを見た」とお伝えくださればスムーズに対応可能です!

キッチンリフォーム お問い合わせ メール

※バナーをクリックしてお問い合わせフォームへ移動して下さい。

業務エリア

東京全域・神奈川全域・千葉全域・埼玉全域・群馬南部・茨木南部

その他の地域もご相談下さい。


Copyright©2015utrecht inc.All Rights Reserved.