防水工事

住宅リフォーム 外壁塗装 屋根塗装

外壁塗装や屋根塗装も重要ですが、ベランダの防水工事にこそ注意が必要です。

ベランダのクラックを放っておくとひび割れが防水層に届き、雨漏りの原因になります。防水層の保護材であるトップコートは5年~10年以内に塗り替えることをおすすめします。

 




そもそも防水工事とはなんでしょうか。外壁も斜めの屋根も防水性はあります。しかし建築用語的には外壁や斜め屋根の工事のことは防水工事とは言いません。

 

防水工事とは、屋上やベランダのような平たい部分に対し、防水性のある材料を施工することを言います。平たい部分に水を一時溜め、配水管などで水を排水させる工法です。屋上やベランダの床にしみこまないように、特殊な膜で止水します。その膜を防水層と呼びます。

 

防水層の種類はいくつかありますが、それらを総称して、「メンブレン防水」などと呼びますが、一般的には単に「防水工事」と呼びます。この防水工事は大工さんや屋根工事の職人さん達は行うことはできません。いわゆる、「防水屋さん」か防水工事のできる塗装職人しかできません。

 

前述した防水工事は、水が床下にしみこまないように防水層をつくることでしたが、その防水層にはいくつかの種類があります。以下一般的なものを紹介します。

 

 

1.FRP 防水

浴室の浴槽や船の素材にも使われるFRPは、「ガラス繊維」の防水材です。強度が強く密度が高いので高い防水性があり、近年の住宅のベランダの防水はほとんどがこの防水方法です。

 

 

2.ウレタン防水

ウレタンを流し込み固め、2回か3回繰り返すことで柔らかい防水層を形成します。伸び縮みしやすいので割れにくく、ビルなどの広い面積の防水改修で行われます。広い面積の場合は、躯体とウレタン防水層の間に空気が入っても抜けるように通気層をとる、通気緩衝工法が使われます。

 

 

3.アスファルト防水

新築時に行われる防水工法です。アスファルトをひき、その上に保護のコンクリートやモルタルを施工する工法です。リフォームで行われることはありません。

 

 

4.シート防水

加硫ゴムシートや塩ビ樹脂系のシートを防水層としてひく防水工法です。住宅では住宅メーカーによってこの工法を採用するところがあります。

 

 

上記に記した防水工事は全て防水層の上に「トップコート」と呼ばれる保護塗料が塗ってあります。トップコートは太陽や雨から防水層を守る役目を持っていますが、防水層を傷めないために、定期的なトップコートの塗り替えが必要です。この工事は比較的簡単で、塗装工事の一環として行うことが可能なので、安価で工事可能です。

左の写真はFRP防水のトップコートにヒビが入り、機能しなくなりかけた状態です。

この状態になったらすぐにトップコート工事が必要です。

トップコートは自分で行うことも可能ですが、ホームセンターで適当に買ってきた塗料を塗ると、時に下地の防水層との相性が悪く、はがれたり、次に工事しにくくなったりしますので、できればプロにお任せいただいたほうが良いかと思います。

トップコートのカラーはグレーかグリーンの2色が基本です。5年~10年の間で塗り替えすることで防水層を傷つけず、防水の本工事が必要なくなります。防水工事は高価になる場合が多いので、トップコートのメンテナンスを怠らないようにしましょう。

ガラス繊維を使用する工法です。既存防水がFRPの場合はこの工法で改修します。部分改修も可能です。

状態がかなり悪い場合は、写真のように全面に勾配をとりながら合板を貼り直しFRPを再施工します。FRPは基本的には透明で、上にトップコートを塗布し完了です。


コンクリート造の建物の改修用によく使われる工法です。屋上など広い面積に適した工法です。防水層の下に空気が入ると防水膜が浮いてくるため、脱気筒や通気シートを用い脱気工法(通気緩衝工法)を使う場合があります。広い面積を行う場合は空気が入りやすいため脱気工法で行い、狭い面積の場合は密着工法で行います。


塩ビ樹脂や加硫ゴム系のシートを使用する工法です。既存防水がシートの場合はこの工法で改修します。一部の住宅メーカーなどで多く使われています。


現地調査による見積もりは無料ですのでお気軽にお問合せください。「ホームページを見た」とお伝えくださればスムーズに対応可能です!

※バナーをクリックしてお問い合わせフォームへ移動して下さい。

業務エリア

東京全域・神奈川全域・千葉全域・埼玉全域・群馬南部・茨木南部

その他の地域もご相談下さい。


Copyright©2015utrecht inc.All Rights Reserved.